FC2ブログ

オーストラリア留学ネットワーク

オーストラリア留学ネットワークは、ワーキングホリデーや語学留学、永住権取得、インターンシップ、親子、看護留学など、貴方のご希望にあわせたサポート を実現します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーストラリアに持ち込めるもの・持ち込めないもの

オーストラリアの旅行雑誌や大使館ホームページなどを見ていると、海外からオーストラリア国内に持ち込めるもの/持ち込めないものの情報が載っています。ジェイスのホームページにもオーストラリアの情報が載っておりますのでご確認くださいねほかの国よりもそのような規制が厳しいオーストラリア。それは島国特有の動、植物の保護のためなんです。日本の食べ物などこちらに持ってきたい!!!というご希望は皆さんおありになるかと思いますが、渡航前には必ず!持ち込めるのか?持ち込めないのかを確認してくださいね
詳しくはオーストラリア大使館ホームページをご覧ください
→http://www.daff.gov.au/languages/japanese/what_cant_i_take_into_australia
私の友人は初めてオーストラリアに来たとき、空港へ向かうバスに乗り込む際におばあちゃんが手作りのお饅頭を一つ彼女に渡していたのをすっかり忘れていて、そのままオーストラリアに到着空港でポケットを調べられ「What's this???これは何?」と聞かれたもののうまく英語が話せず。。。。(でも、とっさにお饅頭を英語で言えって言われても浮かばないですよね)怪しいものと勘違いされその場でナイフでお饅頭を真っ二つに割られ「If this is food, please have here or put in this box! もしこれが食べ物ならこの場でたべるか、この箱に入れなさい」といわれ日本で別れたおばあちゃんの気持ちを無駄に出来ない!とその場でパクパク食べたという逸話を持っています。
今となれば笑い話ですが、当時まったく英語のわからなかった友達は「本当に焦ってしまった」と後に語っていましたやはり英語は大切ですね!生活に密着した英語を学ぶことができる、そんな学校もシドニーにはございます!空港といえば沢山のスタッフや麻薬探知犬などが大活躍していますね。
mayakutanchi-ken
私は犬好きなので、いつもその動きに見入ってしまいます。
人間よりもはるかに嗅覚の優れた動物たちが私たちの安全な旅行のお手伝いをしてくれているんですよね!オーストラリア固有のコアラやカンガルー、ポッサムなどを守るためにも、空港でのトラブルを回避するためにも皆さんきちんとオーストラリアに持ち込めるもの/持ち込めないものは確認をしてから旅立ってくださいね
Text by Haruka
オーストラリア留学ネットワークなら面倒な入学手続きも無料でサポートします!
留学に関する質問や学校選びのご相談は、無料メール相談までお気軽にお問い合わせください。
スポンサーサイト



| オーストラリア生活情報 | 14:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT