FC2ブログ

オーストラリア留学ネットワーク

オーストラリア留学ネットワークは、ワーキングホリデーや語学留学、永住権取得、インターンシップ、親子、看護留学など、貴方のご希望にあわせたサポート を実現します。

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オーストラリアで生の感動を! 

週末はMedibank International テニストーナメントの男子ファイナルに行ってきました。 

テニスのトーナメントというとメルボルンが世界的に有名ですが、メルボルンがはじまる2週間前くらいからシドニーでのトーナメントが毎年行われます。 会場にはちらほら日本人留学生もきていて、オーストラリアにテニス留学にきているのかな?と思われる人たちもいました。

前回のブログでも書きましたが、ジャコビックが大好きな私は、ファイナルに出場すると信じていましたが、結局セミファイナルで負けてしまい、David Nalbandian が優勝しました。 Finalはお気に入りの選手ではなかったとはいえ、とってもいい試合でした。 <感動した~涙>です。

Sydney Medibank International Tennis 

メルボルンOPENでは男子は3セットWinで勝ちますが、シドニーなどでのトーナメントでは2セットWinですので、だんだん調子がでてくる選手なんかは不利かもしれませんね。 試合が始まる前にはサッカーの試合のように国歌斉唱をして、全員立ち上がるんですが、立った瞬間に「私ってチビだ」とあらためて思いました。

トーナメントを見に行くと楽しいのはセンターコート内だけではなく、外ではFood Courtがでていたり、Barが特設会場にできていたり、試合だけでなく、そういった雰囲気も生の楽しさの一つですね。 日本では屋台がでてたり・・・なんでしょうが、こちらでも屋台のようなお店もでているのですが、ワインをのみながらナイフとフォークという光景は同じ屋台でもやっぱりおしゃれな感じがします。

今年は一つでも多くの<生>の現場に立ち会おうと思っています。 やはりTVからだけではなく、実際にその場の熱気や感動を身体で感じて、自分の心に刻んでいきたいと思っています。  オバマ就任のパレードには残念ながら立ち会えませんでしたが(泣)。

オーストラリア・シドニーには有名な人もたくさん来豪しますから(格闘好きには高い確率でマークハントに会えるかもですよ)、その都度ブログでみなさんにご紹介していきたいと思っています。

Text by SANAE

錦織選手も伊達選手もメルボルンでは負けてしまいましたが、来年こそはオーストラリアで日本の選手を応援したい!という方、オーストラリア留学ネットワークまでご相談ください。

 

スポンサーサイト



| オーストラリア生活情報 | 13:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |