FC2ブログ

オーストラリア留学ネットワーク

オーストラリア留学ネットワークは、ワーキングホリデーや語学留学、永住権取得、インターンシップ、親子、看護留学など、貴方のご希望にあわせたサポート を実現します。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒールがおれた!

昨日スタッフがヒールの踵だけを手に持って「30分ちょっと外出していいですか?」と突然私のもとにやってきた。一瞬意味がわからず、彼女の手の先をジーッとみてみると、そこには靴からはずれたヒールのみが手にのっていた。 

「どうしたの~」と笑いをこらえて聞いてみるとマンホールの穴に見事にぱっくりはまって、ヒールだけがそこに残ってしまったらしい。ヒールの高さは約7センチほどだが、ヒールがなくなったことに気づくことなく、そのまま段差のある両足で普通に歩いていたそうだ。それだけでも劇的におもしろいのに、後ろにいた人がヒールを届けてくれたらしい。そのとき初めて7センチヒールがなくなっていることに気づいたスタッフ。。。私もパンプスを履いているときに道路の穴などにひっかかることがあるので、どういうことが起きたのか想像できますが、こんなことって現実にあるんですね! いつも真面目キャラでお客さんから信頼されているカウンセラーにもこんな一面があるってとってもかわいくていいと思いません??

FE066.jpg
靴といえば私の足のサイズは日本では22センチ。海外で靴を探すのはホント大変なんです。足のサイズが小さい人は多め日本からもってきたほうがいいですよ。自分のサイズでお気に入りのデザインにあうのはかなり難しいと思います! 


今、パターナーなどの職種では永住権を申請できるのですが、アジア系の人がいっぱい永住権を取得して、小さいサイズのかわいいデザインの服や靴を作ってくれるといいですね。

Text by:Sanae

オーストラリア留学ネットワークなら面倒な入学手続きも無料でサポートします!
留学に関する質問や学校選びのご相談は、無料メール相談までお気軽にお問い合わせください。

スポンサーサイト

| オーストラリア生活情報 | 13:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のはまりもの<スタッフブログ>

家庭菜園にはまってます。
 去年、トマトとイチゴとピーマンをそだてて大成功でした。 オーストラリアのイチゴはおいしくないですが、家で育てたイチゴは日本のイチゴのように甘くて感動ものでした。 今までの人生で野菜や果物を育てた経験がなく、イチゴやトマトがどうやって成長するのか知らなかったので、毎日毎日の成長が楽しくて。 

今回は食べ物を育てるのをやめて少し高尚にバラを植えてみました。

我が家から車で15分ほどのところにエデンガーデンというお店があり、ここは一瞬、植物園?というくらい広くて、きれいで、購入する予定のない人でも絶対楽しめるので一度は足を運んで欲しいと思います。

エデンガーデンではガーデニングコースというのもやっていて、ちょっと興味があるので、今度受講してみようと思います。 その報告は次回に。


オーストラリア留学ネットワーク:ブログ:家庭菜園

昔、ガイドさんから聞いた話でオーストラリアの家ではガーデニングを楽しむ人が多いそうです。 日本の庭は道路から見えないようになっているが、オーストラリアの庭は塀が低く、通っていく人から庭が見えるようになっているのだそうでう。ですからみなさん、庭をきれいにして、通っていく人たちに楽しんでもらえるようにガーデニングにいそしむそうですよ。 

オーストラリアにはHorticultureというコースがあり、家庭でできる家庭菜園とは違いますが、ガーデニングを勉強するコースがあります。 自然を愛するオーストラリアらしく、都会から車で30分も走らせれば、ナショナルパーク(自然公園)がたくさんあり、そういった場所で働く人たちを沢山必要としているようです。
 現在はこのコースを卒業すると永住権を申請することができます。 確かにオーストラリアではスキルを持った人が永住権を申請するのに有利ですが、ガーデニングで永住権ってとってもオーストラリアらしいと思いませんか?

Text by:Sanae

オーストラリア留学ネットワークなら面倒な入学手続きも無料でサポートします!
留学に関する質問や学校選びのご相談は、無料メール相談までお気軽にお問い合わせください。

| オーストラリア生活情報 | 13:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴルフレッスンを始めました<スタッフブログ>

ゴルフレッスンを始めました

最近、時間があるときにゴルフレッスンに通うことにした。 

理由がある。 先週末夕方ふらりと9ホールだけコースをまわろうと出かけた。
 夕方5時過ぎだったので、自分の後ろにはもういないだろうと思ってスタートしたが、老夫婦が突然やってきた。 それでもきっとあの叔母様私とおなじくらいのレベルだろう・・・と思い気楽にスタートした。 前もつまっていたので、ゆっくり何ホールか回ったそのとき、いきなり老夫婦が私たちの進みの遅いことへの文句を言ってきた。
 一緒にまわっていた旦那はそのクレームに精神的ショックか、普段はとても上手い人なのに、ドライバーをうってもうっても池の中にポチャン!
私たちを下手なカップルと思った老夫婦はクレームがヒートアップ! 前もつまっているといっても理解せず、とうとうOutからスタートするつもりかどこかに消えていった。 しょんぼりしていた下手な私も気を取り直して、ドライバーをうった。 もちろん手で投げても同じくらいだろうというところにボールは転がっていった。 先ほどの出来事で集中力にかけた旦那もドライバーをうつと、私と同じあたりに転がっていった。
そのとき、今度は小学生と思える男の子が「先に行ってもいいですか?」と。。。旦那が前もつまっているからいけないよ。とたしなめたら、この男の子も私の下手さにあきれて、どこかに消えていった。 私はただただひたすらに私と同じレベルと誤解された旦那がかわいそうで、かわいそうで・・・・ そしてイザ!レッスンに通う!と決意したのだ。

・・・話は長くなったが、ゴルフレッスンの感想はもっと早くやればよかった!だ。

たった30分だからきっとたいして役に立たないだろうと軽い気持ちではじめたが・・・・あなどることなかれ! 先生がいいのか、今まで直すことができなかったクセがびっくりするくらい30分で矯正された。 習うより慣れろとよく聞くが、いやいややはり遠回りするくらいなら習うべしだ。

そして私の旦那の名誉のために付け加えておきます。 彼のゴルフは目指せシングルくらいの腕前です。
オーストラリアはゴルフだけでなく、スポーツをするのにとてもいい環境だ。 特に今はサマータイムで、8時ごろまで余暇を楽しむ時間がしっかりあるから、仕事が終わってからスポーツをする人が多い。 

100_0205.jpg
top0305.jpg
 
留学というと語学留学と思われがちだが、オーストラリアではスポーツ留学も盛んだ。

テニス留学・スポーツインストラクター留学・カンフー留学・空手留学・ゴルフ留学・サーフィン留学など日本ではあまり知られていないが、これで学生ビザがとれちゃうのだ。 今はこのスポーツ留学が人気で、定員一杯で入学待ちという学校もあるほどだ。 来週、空手留学ができる学校のオージーの空手の先生がオフィスにくるそうなので、楽しみだ。 日本(韓国?)発祥の空手をここオーストラリアでオージーに習ってみるのも面白いのでは?

Text by:Sanae

オーストラリア留学ネットワークなら面倒な入学手続きも無料でサポートします!
留学に関する質問や学校選びのご相談は、無料メール相談までお気軽にお問い合わせください。

| オーストラリア生活情報 | 13:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。